コンテンツへスキップ

ゴミの不法投棄を防ぐために!防犯カメラを設置しませんか?

「ゴミの不法投棄に悩まされていて、その原因や被害を知りたい」
「ゴミの不法投棄に関して、何か良い対策はないか」

ゴミの不法投棄に関して、このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、ゴミの不法投棄の原因と被害、そして対策方法について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□ゴミの不法投棄の原因と被害とは?

ゴミを不法投棄する人の主な理由は以下の通りです。

・分別するのが面倒である
・ゴミの処理に費用をかけるのが馬鹿らしい
・他の人もやっているから自分もした

しかし、いかなる理由があっても、不法投棄はしてはいけません。
そもそも不法投棄は犯罪です。
廃棄物処理法により、5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が科せられます。

次に、不法投棄の被害を解説します。
不法投棄にはさまざまな被害があり、その中でも主な被害を3点ご紹介します。

1点目は、ゴミがゴミを呼ぶことです。
先ほど説明した、他の人がやっているからという理由で、不法投棄の溜まり場には、さらにゴミが集まるといった特徴があります。

2点目は、異臭の発生です。
特に生ゴミに関しては、放置されるとすぐに異臭が発生して、近隣住民にも悪影響をもたらします。

3点目は、景観を損なうことです。
ゴミが溜まるとやはり、その場所、その地域の景観が損なわれます。

□不法投棄対策には防犯カメラの設置が効果的です!

以上で説明したように、不法投棄を許してしまうとさまざまな被害が発生します。
そこで、不法投棄の被害を無くすために、防犯カメラの設置が効果的です。

防犯カメラを設置することで、ゴミの不法投棄を事前に防ぐことができ、また、不法投棄の被害に遭った場合は犯人を特定することが可能となります。

不法投棄をする人は、それが犯罪と自覚している場合が多く、またバレないであろうという理由で行動を起こします。

あらかじめ防犯カメラを設置することで、みられているという意識を持たせ、行動を起こさないようにしましょう。

また、防犯カメラは赤外線付きのものがおすすめです。
赤外線付きの防犯カメラは、夜間でも撮影が可能で、夜間の不法投棄の証拠を残すためにも有効です。

□まとめ

今回は、ゴミの不法投棄の原因と被害、そして対策方法について解説しました。
今回お伝えした情報を、不法投棄対策に役立ててください。
何かわからないことがあった方や、防犯カメラ・監視カメラの導入をお考えの方は、当社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。